スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
曲の編集について気が付いた事
2009-07-28 Tue 19:20
『Lame Ivy Frontend Encoder』で曲の容量を削った後に曲の編集(曲の中間のカット等)を行なうとほぼ100%の確率で、音割れするから止めた方が良い。
(BPM計測も同様で『Lame Ivy Frontend Encoder』で曲の容量を削った後にするとBPMが合わないことがある。)

優先順位としては
『曲のDL(大前提)後、その曲のファイルを「bgm.mp3」にする。』→『BPM計測』→『曲の編集(フェードイン・アウトやカット等)』→『Lame Ivy Frontend Encoderでビットレート変更による曲の容量削減』
と言う順番が良い。

少なくとも、『Lame Ivy Frontend Encoder』使用のビットレート変更による曲容量削減は最後の仕上げにすること。


俺の曲編集でよく音割れする理由が分かって良かったんだぜ。
これでやっと音割れなしで曲の長さを1:30~3:00ぐらいにカット出来るようになったよ!!
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ステマニ関係のことをつらづらと語る | CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ | 関係ないけど・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。