スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
キノガッサの胞子→気合パンチは強い。
2013-01-20 Sun 20:36
しかし、個体値てきとー&特性胞子なのでもっと頑張ればもっと強いのができる。

キノココに気合パンチを遺伝させる為にも、陸上+妖精グループのブルー系列の♀と6U個体値のNポケを一度預けて、有る程度そのNポケの個体値を譲り受けたタマゴから孵るブルーの♀を作る。
      ↓
もう一匹、気合パンチを覚えたブルー系列の♂と先ほどのタマゴから孵った何かの個体値を遺伝したブルー系列の♀を預けて、気合パンチを遺伝し、個体値も遺伝したブルー系列の♂を作る。
      ↓
その気合パンチと個体値が遺伝したブルー系列の♂と植物+妖精グループのキノココ系列♀を預けて、ようやく気合パンチと良い個体値を譲り受けたキノココが誕生。


と、非常に面倒なのである。

というわけで、キノガッサ系列はここまでにしておいて、
その作業中にたまたま生まれた素早さVで陽気な性格のびびり特性(虫・ゴースト・悪技を受けると素早さが上がる。)の気合パンチを遺伝したブルー♀が生まれたのでこの子もいずれ育成予定です。


記事の前置きだけで30分使うからもう少し早く記事が書けたらなーとか思いながらも、
ここから下は↓記事の続きです。

■各主人公の体力とスペック
~Sasa~
・初期体力最大値は20だが、道中に落ちているアイテムを取ればそのステージ攻略中の間だけ最大30まで伸ばす事も可能。
・MP最大値は10だが、攻略する地方によっては開始時のMP数が異なる。道中かひーぽんのシューティング面で回復させる事。
・残機最大は0~9機まであるが、攻略する地方によっては開始時の残機が異なる。
・剣による攻撃は、急降下中の攻撃が3ダメージ。空中で↓+攻撃キーによる下方攻撃が2ダメージ。その他は1ダメージ与えられる。

~ひーぽん~
・ミックスステージ以外では後方を向けず、装備魔法がなければ後方に対する攻撃手段が皆無。
・各装備魔法の残弾数は道中で回復させられるが、残弾数は各魔法で異なる。
・壁や床などの障害物に接触するか敵から1撃貰えば直ぐに死ぬ。
・死ぬとスタート地点か中間地点からのスタートとなるが、道中で黄色のオーブを取っていると残機を消耗して、死んだ場所からそのままスタートする事が出来る。
・大バリアーを取ると、敵の飛び道具攻撃を20発、小バリアーを取ると8発まで耐えられる。
・小バリアーはステージ開始序盤からいきなり落ちている。

■ステージ説明 その2

~スノーフィールド地方~
元々は緑豊かな地方だったが、天界から追放されたある女の天使によってこの地の全域が雪と氷で埋め尽くされた。

その天使の名はasa。
当時、好意を抱いていたxynoに彼女が居る事が発覚。
その彼女であるhisをこの世から抹消しようと企んでいたが、
それがxynoに悟られしまい天界から追放されたのである。
その後、hisに嫉妬し、かつてグリーンフィールド地方と呼ばれてたこの地域に住んでいた豊かな人々にも嫉妬し、挙句の果てに世界の全てを嫉妬した彼女は、このグリーンフィールド全域を雪と氷で埋め尽くしてしまったのである。

幸い、この地方に住んでいた人間たちは魔法に長けていたために、自身の体を石に変えて
雪と氷の寒さ冷たさを耐えながらも、いつか神であるxynoに救われる事を望んで待ち続けている。

・ステージ構成
※アクション面…ACT シューティング面…STG ミックス面…MIXで表記。
『STG2-1→STG2-2→ACT2-1』

こちらもステージ構成は単純だが、前回の地方とは違いシューティング面からスタートする。
魔法の使い方に長けているこの地方の人々のお陰で、ひーぽんの残機は3機と高めな反面、
『嫉妬の悪魔 asa』の行為のせいか、天界から追放したasaをこの地に招いた事を恨んで、
神の事も恨んでいる人も少なからずとも居る為に、Sasaの残機は0機からスタートする。

シューティング面担当のひーぽんが道中でなるだけSasaの残機を1UPさせるアイテムを拾えるかが鍵となる。


△STG2-1 ステージ

普通の横スクロール面で上は青空、下には雪が広がる。
ステージ中盤まで差し掛かるに連れて、どんどん天候が怪しくなり
ステージ終盤で霰が降ってくる。
霰には攻撃判定が有る上にスピードが速くかわしにくいので、なるだけ画面下の方に逃げよう。

地表に大きなクレバスのようなところが見えたらSTG2-1クリア。(所謂中間ポイントである。)
STG2-2はこのクレバスを降りる所からスタートする。


△STG2-2 ステージ

画面を下に進むステージ。
クレバスを下る為かここでは霰が来ない代わりに、
スクロールそのものが難敵となる。

後ろを向けないひーぽんとしては後ろから迫ってくる敵に注意。
こういう場面で有効な背面攻撃武器の『バックフロスト』はここのボスを倒して入手出来るものなので、
どうしても、後方に居続ける敵は楽に倒す事ができない。
また、何らかの武器を持ってきてない場合はまず攻撃を当てる手段すらないので無理矢理無視するしかない。


△STG2-2 ボス『神を喰らう魔獣 神憑鬼(かみつき)』

asaが召喚した狼型の小型ボスでSTG2-2のクレバスの底に到着すると上から颯爽と登場する。
行動パターンはとてもシンプル。

『左右の壁を壁蹴りしながら登りつつ、X軸が自機に近いと体当たり攻撃をしかけてくる。』
         ↓
『画面から見えなくなるまで壁蹴りで上ってから、数秒後に自機に向かって高速で降りてくる。』
         ↓
『地面に着陸したら、吼える。吼えた影響で雪崩が発生し、一定時間大きな雪の塊が上からランダムに降ってくる。』

の繰り返し。

こちらとしては回避はしやすいが攻撃が当てにくいのと、
このボス戦では雪崩の時以外ではザコ敵が左右の壁を這って画面上からやってくるので、
むしろザコ敵と雪崩による雪の塊の方が怖い。

先にベネチウム地方に居るボスを倒した時に得られる武器『クルージングミサイル』があれば、
ボス共々、上からミサイルを降らして空襲攻撃をかけることが出来、通常ショットだけで戦うよりは格段と楽に戦える。

ボスを倒すと画面右下側の壁が壊れ、そこからSasa操作のアクション面でその穴の先に進む事になる。


△ACT2-1 ステージ(マップ1つ目~2つ目)

氷で出来た一撃死のトゲと氷の橋の仕掛けの攻略がカギとなる面。

一つ目のマップはクレバスの底の左側から右側の先ほど壊れた壁の先に向かうエリア。
敵は一切出てこず、アイテムが入ったオブジェクトが何個か有るぐらい。
オブジェの中は難易度イージーならSasaの残機アップアイテムが3つ。
ノーマルは残機アップ1つとスコアアップが2つ。
ハードは3つ全てスコアアップ。
マニアックはスコアアップ2つと『剣気』と呼ばれるアイテムを入手する。
『剣気』を入手すると残機を一つ失うまでは剣で切るアクションの時に切っ先から衝撃波が発生する飛び道具攻撃が可能となる。
ここのアクションボス戦ではこれが有るのと無いのとでは難易度が大きく変わるのだ。

このゲームは前のマップへは戻る事が出来ないのとマップの切り替わった先が中間ポイントとなる関係上、
二つ目のマップへ行ってから途中で死ぬと、剣気が無いままボス戦及びステージを攻略していかないといけなくなる。

二つ目のマップは逆L字型に進む単純な一本道。
ここで氷のトゲと氷の橋の仕掛けの仕組みを理解する事になる。

二つ目のマップのスタート地点からいきなり目の前に跳び越せないほどに広がる、
氷のトゲ地帯が有るが、実はこの氷のトゲは剣による攻撃で破壊可能。
それを越えると下に続く大きな穴がありその穴の上を遮る様に氷の橋が架かっている。
氷の橋の向こうには矢を放つ敵とアイテムが入ったオブジェが有るが、
オブジェの中は体力中回復。
放たれた矢は破壊可能でしゃがめば回避も可能だが、飛び越えようとして橋の上でジャンプをすると着地の衝撃で橋が崩壊する。
氷の橋は普通に歩いて渡る分には壊れないが、ジャンプなどで飛び乗ると橋が壊れるのである。

この二つの仕掛けを仕組みを理解した上で次のマップを攻略していかないと辛い戦いになる。


△ACT2-1 ステージ(マップ3つ目~4つ目)

三つ目のマップはとにかく広大。
ルートとしては左上から右下の方に下っていく事になるが、
縦にも横にも広く、辺りには氷のトゲと氷の橋が点在している。
何処の氷の橋から飛び乗って下に行くか、下の先に氷のトゲがないかを
死にながら覚える事になるだろう。

橋を無闇に壊さずに画面の左端から右端までをジグザグに進んでいくのも良いが、
時間切れにはご注意を。
なお、難易度イージー~ハードではこのマップのどこかに『剣気』が入ったアイテムオブジェがあるので、
これを回収する事。
イージーからノーマルまでなら次のマップのスタート地点からいきなり『剣気』が入ったアイテムオブジェがすぐに置いてあるのだが、ハードではこのマップにしかないので忘れずに拾うこと。

四つ目のマップは横に続き、何箇所かに氷の橋が架かっている。
下は奈落の穴なので落ちれば死ぬ。
間違えても敵の動きにビビッて氷の橋の上でジャンプして着地しない事。
ここを抜けると次のマップにはボスが居る。


△ACT2-1 ボス『嫉妬の悪魔 asa』

見た目は霊体化した雪女といった印象。
体が透けている間は判定が無い。

ボス部屋が1画面で納まるほどの真四角の狭い部屋での戦いとなる。

開始直後、画面中央から現れてそこからの行動パターンは以下の通り。

『体を透かしながら両手を胸の近くでかざしながら、速くなったり遅くなったりしながら∞の字の軌道を画いて移動する。』
     ↓
『∞の字軌道を画いている間、両手をかざした胸の近くで光が発生。その光の中からバウンドする氷の塊と雪の結晶をランダムで落としながら、その光を大きくしていく。』
     ↓
『光が大きくなったら実体を現して、両手を左右に開いたら、大きくなった光を中心に高速の氷の塊を8方面に回転させながら飛ばす。』
     ↓
『8方面に氷の塊を飛ばしたら、完全に姿を消す。』

のAパターンを行なう。
再び体を透かして画面中央に現れたら、Aパターンの行動を再び行なうが、
Bパターンに移行するときに以下の

『姿を消しながら、どこかからランダムで氷の塊と雪の結晶を落とす。』

の行動の後に、

『突如実体を現して、5秒~6秒間ほど両手を前に突き出し、突き出した方向に吹雪と霰を発生させる。』
     ↓
『再び姿を消す。』

のBパターンを4~8セット行なってからAパターンに戻る。



asaが落とす氷の塊は当たると2ダメージ受けるが、氷の結晶は1ダメージ受けた後にSasaの体が凍って行動不能になる。
凍った時は攻撃ボタン連打で解凍しよう。
氷の塊と雪の結晶は攻撃で破壊可能で、難易度ノーマルぐらいなら1撃で破壊できるが、
ハードだと氷の塊は3発で雪の結晶は2発。
マニアックだと氷の塊4発、雪の結晶3発当てないと破壊できない。
また、一定時間がたつと塊も結晶もどっちも消えるので無視できる時は無視しても構わない。

Aパターンでのこっちの攻撃タイミングは実体を現してから飛ばした8つの氷の塊が画面外に出るまでのほんの数秒間だけ。
実体を現すと体に攻撃を当てることが出来るが、asaの体に接触するとダメージを受けるだけでなく凍ってしまうので注意。
なお、接触ダメージ、氷の塊と雪の結晶ダメージ共に全ボス中最弱ダメージだったりするため、
本当の敵はasaの無敵時間の長さと凍結状態にする技の存在である。

しかし、Bパターンの吹雪+霰(+asaへの接触ダメージ)が脅威で、
吹雪による風の影響でSasaの体が流されてしまう上に霰も降ってくるために霰が交わし難い。
また、asaが出す吹雪はSasaを遠ざけたり引き寄せたりするので、
引き寄せられた時にasaに接触すると凍って動けなくなった上から霰ダメージを受けるコンボも怖い。
霰は4ダメージとちょっと高めで、Sasaの体力最大値を道中で増やしてないと体力満タンでも5発受けると死ぬ。

Bパターンの時の方が攻撃を当てる時間はあるものの、吹雪攻撃を行なっている間だけというシビアなもの。
道中で入手した『剣気』があれば、霰を回避しながら遠距離から剣の衝撃波を何回もぶち込めるチャンスになるのだが、道中またはボス戦中で一度死ぬとこのボスが居るマップから開始するため、
戻って『剣気』を取り直すことも出来ない。
『剣気』が無くとも魔法を使えば遠距離攻撃も出来ない事もないが、
溜めている間に敵の攻撃を受けるリスクがあるのと、MPによる使用数制限があるので
魔法を出す事自体が難しいのである。

ベストは『剣気』を入手したら、ボス戦まで死なずに一気に倒すのがおすすめである。


このボスを倒せばステージクリアとなり、
asaの力である『氷の勾玉』を手に入れる。
Sasaに装備させるとMPを1消耗して発動する。
剣を横に振って、その切っ先から氷の刃を前に真っ直ぐ飛ばす『アイスカッター』を使用でき、
ひーぽんに装備させると、箒の後方から氷の礫を連射する『バックフロスト』が使用できるようになる。

Sasaの『アイスカッター』は『剣気』よりも威力がちょっとだけ高く、高速で飛び、敵や壁を貫通する魔法。
技の出が早く、溜め時間も全魔法中一番短いのが特徴。
ひーぽんの『バックフロスト』は初期発射弾数が270発もあり、押しっぱなしにしてると連射も可能だが、
ちょっと押しただけでも3発は発射し、押しっぱなしにしてると直ぐに弾切れするのが難点。
真っ直ぐに飛ぶ後方攻撃というだけで、後ろ方向に攻撃手段の無いひーぽんにとっては重宝する武器となるだろう。


(つづく)
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<とりあえず生存報告 | CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ | ↓記事の続きー。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。