スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
【サリンガーでは】プレイしやすい&練習になるBMS☆1~3の譜面紹介【たぶんasaさん・sksさん向け】
2012-03-11 Sun 16:24
というわけで、昨日あさみみさんがBMSデビューを果たしたと言う事で、
☆1~3までの、プレイしやすくて配置に手抜き感の無い楽しいBMS譜面を紹介しますね。


あさみみさんはSHIKIさんの☆2の曲をプレイしたとこまでは読んだけど(ついったーより)、
SHIKIさんの☆2は他のBMS作家の☆2と比べて難易度が高めだったりしますので注意。
もっとも☆3以下なのに難易度がそれの2倍はあると感じたBMS作家はささくれさんだったりします。
(ただし、ささくれさんのBMSは中~上級者ぐらいなると譜面に込められたギミック配置が楽しく取れるようになるよ!!)

その他、難易度のわりにノート数が多い譜面、判定がHARD以上の譜面には注意しましょう。

というわけで、追記から何個か☆1~3の間でBMS譜面紹介しますね。

☆2 Name of oath / void

voidさんの譜面は基本的に分かりやすく楽しいイメージ。
レベルに適切なノート配置でプレイしやすい。
また、どこを弾いているかが分かりやすい配置&キー音なのも特徴。
この譜面では1鍵の2連打する微縦連に注意。

☆6では白鍵盤と黒鍵盤混じりの16分階段配置が登場。
☆10では乱打+終盤曲変化といった具合になる。


☆3 Phantasy Story -Re:Start- / otokaz

気楽にプレイできる☆3。
同時配置が登場するも配置が初心者に優しい。
最終盤は本来スピードダウンする場所だが、
ノート配置は最後のスクラッチしかないためそこまで気にならない。

5キー譜面では☆2が存在する。

レベルが上がると対称配置が登場するようになり、
ダブル譜面でもそれが見られる。

BGAがMPEGじゃないので、MPEG非対応なBMSプレイヤーでも再生可能。


☆2 ☆ さくらなみきのかぜ ☆ / ねここ14歳

複数のBMS作家の合作によって出来た楽曲。
この譜面の配置はfetherさんが担当。
白鍵盤と黒鍵盤が混じる8分階段で白鍵盤→黒鍵盤の取り方を練習しよう。

5キー譜面にも☆2がある。

☆7になると階段が強化されるようになる。


☆2 subconsciousness / guna

gunaさんの持ち味である3拍子の曲。
序盤に微ズレ配置(同時配置ではない)があるが、
同時押しの要領で押しても良い。
白黒鍵盤混じりの8分階段があるので注意。
終盤はスピードダウンするがその直後にはノートが配置されてないので
初見殺しには遭わずに済む。

ただし、最終盤のスクラッチ1個は忘れないように。

他の譜面も☆4と☆6と弱め。
同時になれたらこれらの譜面もプレイするといいだろう。


☆1 YUGAMINAI LOVE / kinohito

レスリングネタに注意。
ネタ曲かと思えばガチでカッコいい曲だから困る。
譜面に関してもスクラッチとロングノート、更に同時押しの練習になるから
ネタなのにガチで練習になる譜面だから尚更困る。

☆1は比較的に手抜き配置だったり、物足らない感が残る譜面が多い中で、
しっかりと「このキー配置はこの音を取らせているんだ!!」というものが分かりやすく
配置にいたっても手抜きを感じさせずに、
かつ☆1としてのクリアのしやすい譜面としての存在感を発揮している。

兄貴ネタにさえ目をつぶれば一番とっつきやすいBMS譜面なはずである。


それ以外の譜面はまさに歪みねぇ凶悪配置。
特にスクラッチの存在感に加え、ソフランの追加で難易度がアップ。
だらしねぇ腕前でプレイすると涙を呑むほどに兄貴に掘られるので注意。
7キー譜面が☆9と☆11なのに対し、5キーは☆8。
ただし、7キー☆9よりも5キー☆8の方が判定難のため圧倒的に難しい。
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<忘れた頃にオリ技記事 | CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ | 新カテゴリ追加ですー。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。