スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
こまみーさんとリュートさんはまさにりゅーみぃ☆だった
2012-01-08 Sun 03:02
ツイッターでもちょっとしたCSPの設定(変更可能性あり)を垂れ流していますが、
何気にサリンガー達も設定を気になっているみたいで感謝しています!!

特にリュートさんとこまみーさんが自分のツイートで同じところをお気に入りに登録していることに、
「さすが、りゅーみぃ☆コンビだなー」とか思っていましたが、
まさか、
『こまみーはスカートと言っても(ry』の文が2人のお気に入りで吹きました。

下半身を人魚化させるためにも、海底人はぱんつはいてない設定にせざるを得なかったのだよ!!
(=CSPこまみーもはいてない)


というわけで、今回はこまみーやnatuが初登場するクライングプールの世界にある街やダンジョンを紹介するよ!!

■海上に浮かぶ町 プーカプッカ(街・クライングプール)
丸太やソリッドアクアの力によって、海上に街が立つ。
natuの出身地でもある。

世界管理図書館からの初期スタート地点であり、
南の方の出口から出れば『小さな島 ガラパ』に出ることが出来る。
酸素ボンベはここで初めて登場するが、水中面に慣れない内は大人買いしないと
無駄にゲームオーバーをみることになるだろう。


■小さな島 ガラパ(ダンジョン・クライングプール)
クライングプールの世界の数少ない陸上歩行敵が登場するエリア。
特別何かがあるわけでもない、寄る必要の無いサブダンジョンである。

ただし、プロローグのガイアセイバー(地球での戦闘イベント)のあとに直ぐに
クライングプールに来た場合、水中面がメインのチャプター1のこの世界のイベントを
こなすために必要となる酸素ボンベが全く買えない。
そんな人のための水中に潜らず、敵と戦ってお金を稼げる救済処置的エリアだったりする。
そんなエリアの位置付け故か出現する敵グループが全世界のなかで2番目に弱かったりする。
(1番弱いのは似非大付属高校襲撃後に裏山に出現する敵グループ。)


■ティアーマリン(ダンジョン・クライングプール)
大きく分けて太陽の光が届く通常エリア・巨大な呼吸用泡が浮かぶ海底エリア・
太陽の光も届かない深海エリアの3つがある。

通常エリアは途中途中にある浅瀬から顔を出して
呼吸する事が可能な場所が存在するので移動面では困らないほうだが、
戦闘面では水中敵が多く出現するため、水中有効タグが付いた武器や技が必要となってくる。

海底エリアはところどころに地面から呼吸用の泡が生成される場所があり、
そこで呼吸を行なう事が可能だが、それだけではO2ゲージ回復が追いつかず
この辺りから酸素ボンベが必要となってくる。

深海エリアとなると呼吸用の泡の生成場所も少なくなり、本格的に酸素ボンベが必須となってくる。
ただでさえ、酸素が供給できないエリアなので、ここで敵が使ってくる『首絞め』による
O2ゲージ微ダメージが大ダメージに感じる錯覚を受けるだろう。


■巨大泡に包まれし街 アーワプッカ(街・クライングプール)
多くの酸素を生成する『オキシウッド』と呼ばれる樹のお陰で、
海中なのに呼吸がしやすく、陸上人でも住める街。
泡は魔法の力によって浮かばないようになっており、
常に街の周囲から酸素が海中にこぼれ浮かないようになっている。

海底エリアに存在する街で、数が少なくなった酸素ボンベの供給に役に立つ。
ここに一度でも寄れば世界管理図書館からのワープ地点に選ぶ事が可能になる。


■悲しみの竜宮城(ダンジョン・クライングプール)
D4Uの邪悪な力によって我を失った海底人が立て篭もる城。
こまみーもここに居り、チャプター1のボスとして登場する。
内部は水中から出られる場所があるので呼吸をする機会はいくらでもある。

ただし、ここは潜入系ダンジョンのため、敵シンボルに見つかれば水中に潜ってでも
逃げ切らなければならないが、逃げている最中に窒息でパーティ全滅しないように注意。
Cieの結界解除の力を使えば、こまみーが居る所までの道のりのショートカットが行なえたり出来る。

この城内には何気に男性更衣室と女性更衣室が存在し、それぞれのエリアはその性別に対応するキャラしか中に入ることが出来ないので注意。


■海底移動要塞 潜り鳥(街・クライングプール)
ティアーマリンの深海底エリアのどこかで一定条件を満たす事によって出会うことが出来る
海底移動要塞。
別名『ダイバーバード』とも呼ばれている。
鳥の形をした巨大な潜水艦のようなもので、中に入ることも出来る。

一度ここに訪れれば図書館からの再開地点として選べる上に、
この要塞に居る館長に行きたい場所を言えば海底・深海底エリアにある場所なら何処にでも
連れて行ってくれるのが強みである。


■海の中の街 マリンティア(街・クライングプール)
深海底エリアの深部にある街だが、チャプター1の段階では寄ることが出来ない。
主に海底人が住まう街のため、陸上人が住むには酸素が足りなさ過ぎる。

図書館からの再開地点に選べるものの、水中エリアに居ると言う事を忘れないで欲しい。


■沈没船 フィッシャーキング(ダンジョン・クライングプール)
深海底エリア深部にあるダンジョン。
船を作る技術を得ていないこの世界の住民が住まうところに何故沈没船があるのかは不明。
故に海底人やこの船の存在を知る陸上人からはオーパーツと呼ばれている。

アイテムが多く落ちており、中にはここでしか入手できないものもあるため
ちゃんと全ての宝箱の中を回収する事。
(ただし、一部鍵つきの宝箱があるため、ハングが必要。)


■海底洞窟(ダンジョン・クライングプール)
深海底エリアの深部にある洞窟。
水の流れが激しく、逆らって進む事が出来ない場所が多い。
上手く進む事によって洞窟の更に深いところにあるダンジョンに行く事が出来る。


■海底機械城 UFA-#0208FF(ダンジョン・クライングプール)
誰が何の目的で立てたのか解らない陸上人も海底人も住まぬ城。
外からは不気味に響き渡る機械音だけが聴こえるだけである。

海底洞窟からしか行く事が出来ないダンジョンで、ただでさえトラップが多いのに
酸素ゲージも考えながら進まなければいけない。

また、ここも敵シンボルにみつかると厄介な場所である。

この城の深部にはちゃんとボスが存在し、倒した後にボスが居た部屋にある宝箱を
開ける事が出来るが、その宝箱の1つに魔力無線周波数であると思われる『101.99』と書かれた
鉄の板を見つけることが出来る。
そこに無線をかけても誰にも繋がらず応答が無いのだが、
何故か世界管理図書館のチャプター3以降から入る事が可能になる
禁書棟エリアのある場所からかけると1回だけ明らかに誰かに繋がるが、
「……………………………………」
「……………………………………」
「…………………サクン?……………」
と、最後だけ謎の言葉を残して無線が切れる。
スポンサーサイト
別窓 | CSPシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<あまりにも記事を書いてなかったので | CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ | ぜにうしのロッククライム!! 相手のいしころにはこうかがいまひとつのようだ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。