スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ポケモンローテーションバトルで組んでみたい組み合わせ
2011-09-06 Tue 22:27
てきとーに思った組み合わせをつらづらと書く記事です。
ただし、ローテーションバトルをあまりした事が無いので実用性は知りません。



・トリックルームP
ランクルス(トリックルーム発動&特殊アタッカー)・シュバルゴ(トリル後物理アタッカー)・クロバット(トリル前物理アタッカー&しっぺ返しorサポート要因)・ローブシン(控え)
シュバルゴはトリックルーム発動後の物理アタッカー要因。隙あらばつるぎのまいを積む。
ランクルスはトリックルーム発動&特殊アタッカー要因。
クロバットはトリックルーム発動前にジュエルアクロバット&トリックルーム発動後のしっぺ返し要因。
クロバットがのろいやしっぺ返しを覚えると知って、やってみたくなっただけ。
遅くなってからはさいみんじゅつなりちょうはつなりで補助に徹したり、とんぼがえりで退散する予定。
クロバットをトリックルーム発動中の後攻とんぼがえりなどで無傷でローブシンに変えて、下がる素早さを逆手にとってアームハンマーを撃ちまくる要因。
+になる追加効果が無い技を延々と撃ちまくる為、特性は根性、持ち物は拘りハチマキでいいかもしれない。
(夢特性なら鉄の拳というアームハンマーと相性が良いものがあるが。)
アームハンマー要因は誰でも良かったけど、弱点がなるだけ被らず、タイプ一致で打てるということで武神さん採用。


・水ポケ統一P
ギャラドス(威嚇特性・前衛)・アズマオウ(特性避雷針)・サクラビス(殻破りバトン担当・しろいハーブ持ち)・カメックス(控え・バトン受け取り役)
ギャラドスをまず前衛に出して、相手の先発の前衛の攻撃を下げる。その後は攻撃担当。
電気弱点を誘った所でアズマオウにローテーション。地味につのドリルを忍ばせる。
サクラビスはタイミングを見計らった上で殻を破る→バトンタッチ要因。下がる防御と特防を白いハーブでカバーする。
バトンタッチに成功すれば、カメックスが後のメインアタッカーになる。
アズマオウの代わりにみず・じめんポケでも良かったが、草技が怖い。


・耐久アップP
エルフーン(コットンガードorあまえる持ち・いたづらごころ特性)・アーボック(とぐろをまく→ダストシュート狙い・だっぴ特性)・ドータクン(めいそう積み&壁貼り要因・光の粘土持ち・浮遊特性)・キュウコン(ドータクンorエルフーンへの炎技読み交換要因・貰い火特性)
エルフーンはおいかぜ・あまえる・やどりぎのタネ・どくどくなどのサポートがメイン。攻撃技は一つは持たせる。
アーボックはとぐろを巻きながらダストシュート、苦手な相手はドラゴンテール。堅実に行くならたくわえる積み型の方が良いかもしれない。サブウェポンはかみくだく・ほのおのキバ・じしん辺りが候補。
鬼火の攻撃ダウンを避けるため特性はだっぴ。だっぴ+ねむるの組み合わせも面白い。
更にダメージを軽減する為、ドータクンは壁貼りサポート。時に瞑想を積んで攻撃に出ても良い。ただ、壁2つと瞑想だと技スペースが圧迫するのが難点。
悪で止まりたくないならラスターカノン、耐性を持つタイプが少ないところを突くならサイコキネシスorサイコショック。
先発3体の内、2体が炎弱点が被ってるので炎技がきそうな時にキュウコンにチェンジ。
以降は地面弱点が被るので、キュウコンかエルフーンに草技を覚えさせておく。
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<イクタケ地方見ながらオリポケしか出ないイクタケ図鑑(暫定)を整理してみる。 | CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ | 息抜きー。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。