スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新たな冒険が始まった……。
2009-04-22 Wed 23:20
というわけで更に新コーナー開始!!
その名も
『ポケモンサリンガーとの旅~サファイア篇~』
が(勝手に)始まりました!!


内容説明:
■シナリオを進めていく上で使用するポケモンにはサリンガー達の名前を入れる。
ただし、文字数オーバー等の時はそのサリンガーだと分かる名前を付けること。
※捕まえるだけなら名前はつけなくて良いが、メインシナリオとバトルタワーでの使用禁止。
■使用するポケモンはサファイアに生息するポケモンのみ対象。
■通信進化禁止
(というより、アドバンスが1台&ソフトもこのサファイアしかないので出来ないのが現状…orz)
■戦闘中のトレーナーのアイテム使用は以下の通り。
・キズぐすり系
・どくけし、まひなおし、こおりなおし、やけどなおし、ねむけさまし
・きのみ系 ※トレーナーからポケモンに使用する場合
・げんきのかけら(これのみ2回使用扱い)
上のどれかを使用したとき1回使用とみなし、
一回の戦闘で『相手の手持ちポケモン数÷2』回以上は使ってはいけない。
また、上記に無いアイテムは戦闘中使用禁止(かいふくのくすり、なんでもなおし等)
■そのほかのルールはプレイ中に追加される可能性あり。

です。


で、早速やってみました。

主人公は女を選択し、名前は人間なのでとりあえず『アリス』(DDR的な意味で)にしました。

■チャプター1:初めてのポケモン
ミシロタウン~101番道路(オダマギさん救出まで)

・ミシロタウン
時間はとりあえず正規のものに。
初めのポケモン(御三家)が手に入るまでは、適当にシナリオをこなす。

・101番道路
オダマギ博士がポチエナに追いかけられているので助けに行く。
置いてあるバッグから今回の御三家であるアチャモ、ミズゴロウ、キモリの三体のうち
どれかをチョイス。
ただし、もうこの時からどれを選ぶのかは決めていた……。

そうさキモリ、お前に決めた!!

サリポケNo.1:キモリ(♀)/Sasa
Lv5 特性:しんりょく(HPが赤色になった時に自身の草タイプ技の威力が上がる)

名前選択理由:
Sasa→ささ→笹→笹の葉って意外と切れるよね→切れ味の良い葉っぱ→リーフブレード→ジュカイン→その進化前の前のキモリさん
ということでキモリをチョイスしました。

◎対(オダマギさんを襲っていた)ポチエナ戦
余裕過ぎる。
Sasaさんのにらみつける→何度もはたくで余裕勝利。
というよりも、にらみつける意味も特に無し。

で、オダマギさんを救ったお礼として
ミシロタウンにあるオダマギ研究所にて、オダマギさんから正式にSasaさんを貰いますたー。

■チャプター2:そして旅立ちへ…
ミシロタウン→103番道路(対ユウキ戦)→ミシロタウン(ポケモン図鑑、ランニングシューズ入手)
・101番道路
適当にレベル上げ。
ただし、ポチエナとは戦わない。
ポチエナを倒すと攻撃力の努力値+1が貰えるが、
攻撃よりもキモリの売りである特攻や素早さを鍛えたいので
ポチエナが来たらすぐ逃走。

101番には他にもジグザグマとケムッソがいて
この2対のどちらとも、倒せばHPの努力値+1が貰える。
HPなら無いよりは良いので、こいつらを倒してLv.6にする。

ちなみに、ここでLv.6になったSasaは草タイプの体力吸収技の『すいとる(威力20)』を入手。

・コトキタウン
一番印象に残らない町に到達。
外に居るポケモンショップ店員に話しかければキズぐすりが貰えるが、
それ以外に要が無いのでポケモンセンターに行ったら、
すぐに103番道路へ…。

・103番道路
ここではキャモメ、ジグザグマ、ケムッソをメインに倒してLv.7にする。

キャモメは記憶違いでなければ、素早さの努力値+1が手に入るので
なるだけキャモメ狙いで倒していく。
Lv.7になったら、ルビサファ版のライバルであるユウキと対戦する。

◎対ユウキ戦:相手手持ち アチャモLv5
これまた序盤なのでごり押しゲー。
Sasaさんガン飛ばし(にらみつける)を決めたら、あとははたく連打。
やはり余裕勝利で語ることなし。

ユウキ戦後は再びミシロタウンまで戻って、
オダマギさんからポケモン図鑑
ユウキからモンスターボール×5個
母親からランニングシューズ
を貰う。

次回は『チャプター3:ミツルとラルトス』に続くが、
102番道路に入れるようになった時点で、先にひーぽんを捕まえましたー。

サリポケNo2:ラルトス(♀)/ひーぽん
Lv4 特性:シンクロ(自分が掛けられた状態異常を掛けた相手にもうつす)

名前選択理由:
ひーぽん→魔法少女→エスパータイプ&容姿が女っぽい→サーナイト→その進化前の前のラルトス
というわけでラルトス入手。
ただ、ひーぽんはサーナイトよりもキルリアの方が似合いそうなので
シナリオではキルリアに進化後はLv50ぐらいになるまではキルリアで行きます。

現在の手持ちポケモンの能力。
Lv9 Sasa/キモリ(♀)
持ち物:無し
習得技:
はたく/ノーマル(攻撃技/命中100 威力35)
にらみつける/ノーマル(補助技/命中100 相手の防御力を1段階下げる。)
すいとる/草(特攻技/命中100 威力20 相手に与えたダメージの4分の1だけ自分のHPを回復することが出来る。)
考察:
強そうなポケモンにはとりあえずガン飛ばし(にらみつける)を仕掛ける
ヤンキーなポケモン。
にらみ飛ばした後は渾身の力で叩いて、
己の養分に出来そうな輩から体力を奪うという
現在の所、非道なポケモンに…。
しかし、目の前にひーぽんが現れると…?

Lv4 ひーぽん/ラルトス(♀)
持ち物:無し
習得技:
なきごえ/ノーマル(補助技/命中100 相手の攻撃力を1段階下げる。)
考察:
出会った瞬間、Sasaの目を釘付けにさせた容姿をもつエスパーポケモン。
威嚇程度に弱めに叩きはしたが、彼女はただひたすら鳴くだけ…。
ミシロの女竜の異名を持つ彼女と言えども、
手が出せない状況に…。
どうすれば良いのか分からないSasaをよそ目に主人のアリスは
そのポケモンの捕獲に成功!!
果たして、この2体の関係はどのように発展していくのか…。



ここまでの反省:
・D4Uさんは地震を覚えるごついポケモンが良い。
D4Uさんが見せるヘルニアを懸けた全押し地震に期待。
・飛び亀さんもごついポケモンが良い。
性格から見てそらをとぶがイメージ的にどうしても似合わないので。
間違いなく空を飛べないポケモンになる予定。
・こまみーさんとリュートさんは歌えるポケモンにする。
・saekiさんとsksさんはダークなイメージのポケモンにする予定。
・iku-takeはいくたけとして命名する予定。
・今更だが、Sasaは♂にすればよかったと思っている。
スポンサーサイト
別窓 | ポケモンサリンガー関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ヨシタカなのに青龍使いとな…!? | CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ | 衝動的な結果報告>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。