スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
また一歩、海に近づいたな…。
2009-12-10 Thu 23:33
この曲は(声の需要的な意味で)オンリーワン過ぎるwwww
でも、あのボイスの所をもう少しだけ音を大きくして欲しかったと思うiku-takeなのであった。

神居古譚は名に相応しい神曲神譜面。
どうやら、BMSをプレイするときはノスタルジックな曲がやりやすいみたいなんだぜ。
神居古譚と追悼の森はやればやるほど結構記録が伸びるんだぜ。
で、神居古譚の読み方が「かむいこたん」だという事に気が付いたのは
ステージファイルを見たときだと言うのはミンナニナイショダヨ。


集めたBMSはアンビエントからエクストラトーン(どう考えても『戦歌「オルグラリア」』の事です。本当に(ry)
までを網羅したジャンルの広さですが、
BMSファイルを保管している『IT2-MiX BMS_folder 1st』から『5th』にかけて、
全てのフォルダにルゼさんの曲が入っていると言う皆勤賞ぶりで、
フォルダ全てを通しての皆勤賞はルゼさんのみという偉業(?)を果たしてます。
DJHiro時代の『Ghost Carnival』から今の『Pure Boys』にかけて作風変わりすぎwww
とにかく名義が変わると、作風までもががらっと変わるルゼさんから目が話せない状態です。

次点で多いのがSHIKIさんのBMS。
4thのみSHIKIさんの曲が無い為に皆勤賞ならずでした。
IT2-BMSフォルダ内では、SHIKIさんの曲と譜面はBMS界のDJ Yoshitaka担当と言う扱いにしています。
SHIKIさんの曲は良いのだが、終盤にやってくるピアノ発狂ががががががが。
ピアノ発狂が無い譜面の場合は、灰以降が皿がキツイ譜面も多いんだぜ。
SHIKIさんの曲は綺麗さが良いのだが、全てを綺麗色に染めると味っ気が無いので、
ここにルゼさんというスパイスを加えているわけです。

SHIKIさん並みに多いのがsyattenさんで、よしたかじゃないけどこちらも綺麗系担当。
お互いトランスを得意としているもの同士ですが、
SHIKIさんは聴いてて気持ちが爽快に、syattenさんは聴いてて心から癒される
と言った違いがあると思うんだぜ。
言葉に出来ないような涙腺に伝わる曲の数々を有難う。


他は軒並みと言った数ですが、地味にEstさんとBACOさんのBMSも増えつつある状況。
今日DLしたばかりのEstさんの『あにまら』は疲れたときにやると、疲れが吹っ飛ぶ!!
落ち着きたい時にBACOさんの『Perhaps 4(BA㍊O名義)』をやれば、あにまらとは違う疲れの吹っ飛ばし方が出来ます。
Perhaps 4の曲変化ぶりは凄まじいんだぜ。

kozatoさんのBMSが欲しいなーとか思っても、現時点で3つ(合作含む)しか出しておらず、
その3つ全てをDL済みといった所だから困る。
トイミュージカルの時のkozatoさんの曲提出の奮闘振りがBMS界でも見られる事を期待します。

naotyu-さんがBMS界から引退するのはやはり心寂しいものがあります。
最期に出した曲がDJMAXにある曲と酷似しているって言われたら、
これは本人としても悔いが残る結果だと思うんだぜ。
どうか、復活して欲しいなー。


BMSを始めた時期の関係上、crankyさんとT2さんとwintさんの曲は少なめ。
この3人のBMSが欲しいのに…。

それ以上に欲しいのは、t+pazoliteさんのBMS。
一つもないので少なくとも、藍煉の人形のリミックスが最低でも欲しいんだぜ。

onokenさんのBMSも欲しかったりするけど、
この人はプロになっちゃったから仕方ないんだぜ。
プロになっても、曲を貸してくれる寛大さに敬礼っ!!


1曲しかないけど、インパクトを受けた人はナンクモさんとmitchelさんとxiさんです。
ナンクモさんはBOF2009を見れば分かる。
5鍵と連打の楽しさで本来の音ゲーはこうあるべきというのがひしひしと伝わりました。
mitchelさんの『水仙(三藤名義:2007年の戦国に提出)』は何が好きというのは伝えがたいが、
あの和の趣が漂いながらもバックが響き渡る『雅楽+ドラムンベース』というジャンルにはまったら病み付きなんだぜ。

xiさんはBOF2009の『Ascension to heaven』が全て。
xiさんの印象は「速さだけが信条のフリーダムダイブの人」ぐらい(名前だけ見ても期待すらしてなかったあの頃)だったのに、
たまたま、ニコ動で『Ascension to heaven』の灰譜面を見たときに\やべぇ/ってなりました。
で、作曲者を見たらxiさんだったと言う事に二重のびっくり!
ノーマル譜面でプレイしたら、指が能動的に動く不思議に三重のびっくり!!
やればやるほど、アートコアというジャンルとxi氏の曲にはまっていく四重のびっくり!!!
xiさん、心の中で思ってた今までの過小評価をどうかお許しくださいませ。
これを機に氏のプログレ曲もDLしたが、重すぎて動作しなかったので削除。
BGA無しの方を機会があれば再DLしに行きますね。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<オルグラリアに耐え抜いたひーぽんそーすさんに拍手っ!! | CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ | ランキングはこうして欲しい まとめ>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-12-13 Sun 10:04 | | #[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。