スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
まさかの3時退社というご時勢
2009-04-06 Mon 17:54
この時間を利用して、サリング譜面レビューでも行ないます。
まあ、明らかに誰得記事な訳ですけどね…。
※上級者が参考にしても無意味かもです。あくまでも、サリングをやり始めた新参~★10はライフギリギリ、★9はNG多めだが攻略は出来るという中級者までが対象なのです。

■crazy my heart ''Hi-HT mix''/takoyaki_o(ささかふぇ/Sasa)
サイト内レベル★10
サークルレーダー
STREAM.....:―――――― ★6
VOLTAGE...:―――――――――― ★10
AIR............:――――― ★5
FREEZE......:― ★1
CHAOS......:―――― ★4

原曲は1:45で終わるが、原曲終了後にSasaさん独自のアレンジ(厳密には1.5倍速した原曲を付け足したもの)によって強制的に長くなっている。
作者コメには『開始30秒で最大の難関』があるのだが、現在は4速以上のお陰でかなり見やすくなっている。

現在の最大の難関は1.5倍速後の346リング目から登場する32分十字連打で、ここは明らかにプレイヤー殺しの高密度&反応しにくい地帯でここで死亡する人が多い。
この十字連打は『左から右→上から下→右から左→下から上』とさばけば自然と取ることが出来る。

その他に厄介なのは右利き泣かせの時計回り連打ぐらいだが、★10に慣れ始めた人ならそれほど苦でも無い。


■Vertex β /Silvia(ささかふぇ/Sasa)
サイト内レベル★12
サークルレーダー
STREAM.....:―――――――― ★8
VOLTAGE...:――――――――― ★9
AIR............:――――――― ★7
FREEZE......:―――― ★4
CHAOS......:―――――― ★6

SilviaさんのVertexシリーズ第二段。
シリーズ史上最速BPM(200)のトランスコア曲。

ささかふぇ三大十二星陣の一つにしてCruel 3のラスボス曲でもあるので、見逃すわけにはいかない。
しかし、三大十二星陣のあとの2つの譜面と比べても、殺しの地帯が少なめで回復地帯がそれなりに備わっているので意外と良心的な譜面でもある。
(水銀灯は開始早々にして、CHAOS度激高のわけのわからないものが押し寄せてくる上に、その後も休みの無いリング配置が続くため回復地帯に入る前に死亡しやすい。
駅前留学のSUPER NOVAに関しては全体的な配置は単純だが高速で、中盤から休む暇が無い。終盤のノヴァ・トライアングルが一番の関門だが、それを越えた後も高速な連打が続くので回復が厳しいのが現状。)

慣れておくべきはサビの部分部分で登場する階段往復連打(例:711,511,621,421,531,331,441,241,)である。
まずこれに慣れないとライフを大幅に削られてしまい、ちょっとした凡ミスでも即死する可能性が出てくる。
曲単一で攻略することが目的なら、少なくとも8個中5個は取れるようにしておいたほうがよい。

2回目のサビでは1回目のサビと比べて、リングが増えている。
リズムも難解だが、何回もプレイしていく内に慣れてくるはず。
このサビさえ越えればあとはウイニングラン!!
油断さえしなければ攻略出来たも当然なんだぜ!!


■森之宮神療所☆彡/tetsuo(サリング工房/こまみー)
サイト内レベル★9
サークルレーダー
STREAM.....:――――――――― ★9
VOLTAGE...:―――――――――― ★10
AIR............:―――――――― ★8
FREEZE......:――――――― ★7
CHAOS......:― ★1

信者一ダンスの上手い男もノリノリのボカロ曲。
楽しいリズムと歌で曲に入り込める中毒性の高い一曲。

ボーカロードを走り続けるこまみーさんが手がけたこの譜面は『高難易度=攻略するまでが苦行』の方程式をぶち壊すほどの神譜面で、サリングがある程度出来る人でも気持ちよくプレイが出来る。

譜面の内容はというと、休みは少なめでリングも高密度な所がある上に同時リングも存在するため油断は禁物。
って簡素に書くとどう考えても普通の体力譜面にしか聴こえないが、プレイしていくと気持ちよくすんなりとクリア出来るのが魅力。

その魅力を要点的にまとめると…
①曲遵守のリング配置のため、曲を聴き慣れるほど配置を覚えやすい。(譜面の複雑度を示すCHAOS度が極端に少ないのはそのため。)
②高密度にくるリングは流れるような線を描くような配置なので、リング出現順にカーソルを追っていけばすんなり取れる。(リングの密度の濃さを示すVOLTAGE度が高いが、やはり分かりやすいためCHAOS度が伸びない。)
③同時リングも「The 誰?(俺はそう聴こえた)」等の声ネタに合わせて出現するので、曲に聴き慣れれば出現タイミングも把握しやすい。

流石、こまみーさんなんだぜ!!

ただし、油断は禁物というのは冗談ではない。
分かりやすい配置だからといって気を抜くと、高密度リングや同時リングで先生に瞬殺されます。
スポンサーサイト
別窓 | 譜面レビュー | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<琵琶湖 朱雀VS玄武 | CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ | さて、そろそろ動くか…。←死亡フラグ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。