スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
久々のオリポケ番外編 その2
2011-06-26 Sun 17:48
前回に引き続きオリ技紹介。
『りゅうの~』とか『ドラゴン~』とかでよく始まるドラゴン技は増やしにくいです。
かと言ってこれらを入れないとドラゴン技っぽく見えないから難しいものです。
そんな中でも、『りゅうせいぐん』とか『たつまき』とか美味いことドラゴンっぽさのある技名だと思うんだ。考えた人頭良い。
しかし、いまだに『ダブルチョップ』がドラゴン技なのが理解できないが貴重なドラゴンタイプの2回連続攻撃技なので許す。
チョップ技だからワンリキー系列も覚えて欲しいけど、使いどころは不明。
自分が考えたオリ技でも『らんきりゅう(乱気流)』が精一杯。
これ以上ドラゴン技を増やそうと思うなら、『りゅうの~』とか『ドラゴン~』とかで始まるベタな名前でしか増やせそうにないですっ!!


そんなことはともかく、追記からどうぞ。
久々のオリポケ番外編 その2の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
久々のオリポケ番外編
2011-06-25 Sat 17:00
オリ技ネタが増えてきたのでそろそろ書きますね。
オリポケも増えたけど、それはまた次回に。

追記からどうぞ。
久々のオリポケ番外編の続きを読む
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
第1回 おたるギアパーティ個体値確認フェア開催中
2011-06-20 Mon 00:11
何となく努力値を考えながら育てたポケモン達の個体値が知りたくなったので見てみた。
結果は追記からー。
第1回 おたるギアパーティ個体値確認フェア開催中の続きを読む
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
定期的に次のサリング祭りの案だけを書き留めるだけの記事
2011-06-19 Sun 03:01
■Cirring Axel Jump Party
概要:
サリング界において多くあるであろう配置パターンの中でも『回転連打』を重視・メインにした譜面を作ってくる祭り。
自分が思う『回転連打』と言うものをいかに演出できるかが鍵。

サリングと言う名の"銀盤"の上で、誰もが魅了するような"トリプルアクセル"をキメてくる!!
これはそんな祭りだ…!!

特殊ルール:
マウスカーソルを1回転させるような配置(『回転配置』と言われるような配置)は必ず入れること。
(投票式の場合の)配点:
シングルアクセル(1点)・ダブルアクセル(2点)・トリプルアクセル(3点)のいずれかを選ぶ。
優勝特典(?):
フィギュアスケートに例えたような大会なので、優勝者はもれなく1/8スケールのひーぽんフィギュアがたぶん当たります。


■サリング祭り ~五月祭リターンズ~
概要:
去年行なわれた『サリング五月祭』で組まれたチームが再び揃う祭り。
五月祭に参加してなかった人は、『新規チーム』として新たに1チーム3人で組んでもらい、チーム名とリーダーを決めてもらいます。
1チーム辺り3曲以上使い、そのチームの特色を最大限に出した譜面を作ってくること。
1チームでサリングを使って1つの物語を作ってくるような祭りだと思ってくださいませ。

特殊ルール:
特に無いが、自分のチームのサリング譜面で魅せる物語はどんな内容に持っていくかぐらいは話し合ってください。
配点:
特に無し。


■サリング譜面伝言祭り
概要:
1チーム3人で組み、1人1曲見つけてくる。
その1曲をチームメンバーの誰かに音取りを担当してもらい、もう1人に取った音を配置してもらう。
伝言ゲームをモチーフとした祭りなだけに、曲を見つけた自分が想像した譜面から離れたものに仕上がっているだろう。
しかし、そこから新たなる発見を信じ、音取りとリング配置を他メンバーに任せてあげましょう。

特殊ルール:
曲探し(必要なら背景バナー)・音取り・リング配置担当はチーム内の3人とも全員がやってもらいますが、
1曲辺り全員違うものを担当し、なおかつ1曲にチームメンバー全員が担当した作品を作ってくる。

配点:
1~3点
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
IT2-MiX 細かすぎて伝わらない拘り配置選手権
2011-06-19 Sun 02:10
■エントリーNo1
『Yakumo >>JOINT STRUGGLE[鬼] 179~280リング目辺り』
ラップに合わせて配置し1小節、行数で言うと2行ごとにX(Y)軸反転させた場所。

a(f0f000)711_a(f0f000)613,631,421,231,631,711,231,421,
441,651,631,231,231,631,651,441,
111,231,421,631,231,111,631,421,
441,251,231,631,631,231,251,441,
151,231,441,631,231,151,631,441,
421,211,231,631,631,231,211,421,
a(f0f000)751_a(f0f000)653,641,751,631,a(f0f000)421_a(f0f000)523,541,421,211,
a(f0f000)631_a(f0f000)753,541,751,421,a(f0f000)741_a(f0f000)643,531,321,111,

a(f0f000)151_a(f0f000)253,231,441,631,231,151,631,441,
421,211,231,631,631,231,211,421,
751,631,441,231,631,751,231,441,
421,611,631,231,231,631,611,421,
711,631,421,231,631,711,231,421,
441,651,631,231,231,631,651,441,
111,120,130,140,150,250,350,450,550,540,530,520,510,410,310,210,
111,241,321,451,531,711,641,321,


BMSEを持っている人ならそっちを開きながら見ると分かるかもしれないですが、
WAV7X~81(『voice4_1.wav~voice4_6.wav』の音)に振り分けられている一つ一つの音ごとにリング配置が変わってます。

最初の2行だけで説明すると
『a(f0f000)711_a(f0f000)613,631,421,231,631,711,231,421,
441,651,631,231,231,631,651,441,』
の内のa(f0f000)613は曲中のシンバル音に合わせたものでそれ以外はラップ。
BMSEの#017からのラップ音の所を見ると
『7X(+シンバル音の0Q含む)→7Y→7Z→80→7Y→7X→80→7Z→
81→82→7Y→7Z→7Z→7Y→82→81→…』
の繰り返し。
それぞれ、
711=7X(voice4_1.wavの音)
631=7Y(voice4_2.wavの音)
421=7Z(voice4_3.wavの音)
231=80(voice4_4.wavの音)
441=81(voice4_5.wavの音)
651=82(voice4_6.wavの音)
に割り当てられていますー。

あとは、2行毎にX軸またはY軸反転させた配置が続きます。
…にしても、我ながら覚えゲー配置に仕立てたものだと思う。


因みに、7行目と8行目の
『a(f0f000)751_a(f0f000)653,641,751,631,a(f0f000)421_a(f0f000)523,541,421,211,
a(f0f000)631_a(f0f000)753,541,751,421,a(f0f000)741_a(f0f000)643,531,321,111,』
は、ここだけラップが変わるため配置もがらりと変更。

15行目の
『111,120,130,140,150,250,350,450,550,540,530,520,510,410,310,210,』
は、後ろで鳴っている「ドヒューーーーーーーン………」的な音にあわせた配置で、
これのX軸反転したものが後からもう1回出てきます。


■エントリーNo2
『macaron[鬼] 109~280リング目辺り』
BMSの方のアナザー譜面の皿地帯を参考にした結果があの配置だよ!!
ただし、それをサリングで表現してみたらひたすら伝わり難いものに豹変しましたとさ。

651,,731,,611,,731,651,
731,611,731,,651,731,611,731,
651,,731,,611,,731,651,
731,611,731,,a(f0f000)50502_a(f0f000)650,731,611,731,
651,,731,,611,,731,651,
731,611,731,,651,731,611,731,
651,,731,,611,,731,651,
731,611,731,,a(f0f000)50502_a(f0f000)650,731,611,731,

651,,731,,611,,731,651,
731,611,731,,651,731,611,731,
651,,731,,611,,731,651,
731,611,731,,a(f0f000)50502_a(f0f000)650,731,611,731,
651,,731,,611,,731,651,
731,611,731,,651,731,611,731,
651,,731,,611,,731,651,
731,611,731,,a(f0f000)50502_a(f0f000)650,731,611,731,


251,,131,,211,,131,251,
131,211,131,,251,131,211,131,
251,,131,,211,,131,251,
131,211,131,,a(f0f000)30502_a(f0f000)250,131,211,131,
251,,131,,211,,131,251,
131,211,131,,251,131,211,131,
251,,131,,211,,131,251,
131,211,131,,a(f0f000)30502_a(f0f000)250,131,211,131,

251,,131,,211,,131,251,
131,211,131,,251,131,211,131,
251,,131,,211,,131,251,
131,211,131,,a(f0f000)30502_a(f0f000)250,131,211,131,
/ 4連ストップシーケンス地帯 /
/ ストップの代わりに一瞬だけBPM380 /
s[8](2)a(f0f000)30503_a(f0f000)250,,,a(f0f000)60403_a(f0f000)540,
,,a(f0f000)40303_a(f0f000)330,,
,a(f0f000)70203_a(f0f000)620,,,
511,321,


(BMS譜面で言う所の)皿が1つ落ちる度に651から始まり、
『731→611→731→651』
の繰り返し。
4小節過ぎたらそれのX軸反転バージョンです。
時折来る『a(f0f000)30502』の同時は後ろでなっている「うっ♪」っていう声ネタに合わせてます。


しかし、それ以上に伝わらないのが29行目から最後の32行目の
『4連続ストップシーケンス地帯』と銘打ったはずの場所。
実際にサリング譜面を見てもらったら分かりますが、ストップ要素皆無。
ただただ、その場所のリングがちょっとだけ早いって言う程度にしか見えないという罠。

やはりサリングでストップシーケンスを表現するのは難しいものなのか…orz


でも、マカロンさんの可愛さが伝わりさえすれば譜面が伝わらなくとも十分だよ!!
別窓 | サイト内関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
×:他と曲被りしない選曲をするIT2 ○:曲被りを回避するように選曲するIT2
2011-06-02 Thu 22:11
だって、選曲が被ると自分の譜面の方が確実に駄譜面になるもん!!
というわけで、昔から選曲が被る事を恐れる男iku-takeです。

ただ、自分の選曲の基準はいつも
「何故、この作曲者の曲が使われないんだ…?」
から始まります。
そういう曲の選び方をしてるから必然的に選曲被りが発生しなかったりするのかもしれないのですけどね。


現在、BMSの大会である第8回無名戦の作品をちょこっとプレイしていますが、作者こそは殆ど無名な人が多いですがどの曲も明らかに良い意味で無名詐欺。
こういう大会があると、秘めた可能性を持った新たな作曲者に出会えて良い経験になるんだぜ。

特にオチは無いけどここで記事終了。
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。