スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
こまみーふらいと!! その2
2010-09-26 Sun 17:48
■キャラ別武器と性能
各キャラにはそれぞれ通常弾と3種類の特殊弾と強化弾、そして強力な必殺弾がある。
特殊弾は併用できない。
特殊弾はそれぞれ対応した玉を入手すると習得でき、同じ玉を連続で3つ取ると武器が変化し、強化弾になる。
必殺弾は数に限りがあるが、スペシャルボールと呼ばれる黄玉を取ると1つストックを増やす事が出来る。
(最大5つまで。)

~風の小鳥・リュート~
対近接技が殆どのリュートの武器だが、その多くは装甲の厚い敵に対して力を発揮する。
バランスタイプ全般・パワータイプの強化版以外は全て近接戦闘となるので、
上級者向けなキャラともいえる。
こまみー同様、ゲーム開始序盤の『音の小径エリア』の1ステージ目となる
『みくみく森』ではこまみーとリュートのどちらかしか使えないので、
2人プレイのときはキャラ選択の時にケンカにならないように注意。
(『みくみく森』攻略後に行ける『もけけの村』に行ってからふーさんを。
次のエリアである『南国島エリア』にある『ワハイ街』に行ってからぴーちゃんが使えるようになる。)


通常弾:真空突き
どんな硬質な物質をも通すくちばしを用い、空気をも切り裂くほどの高速な突き攻撃を行なう。
威力は普通ぐらいだが、装甲の厚い敵に対しても通常通りのダメージを与える事が出来る。
技の出、使用後の硬直時間などの隙も無きに等しく連射性能にかなり長けている。
ただし、くちばしを用いた突き攻撃故に攻撃範囲の狭さが最大の難点。

特殊弾(パワータイプ):クラッシュドリル
ステージ中で敵が落とすパワーボールと呼ばれる赤玉を取ると通常弾がこの武器になる。
突き攻撃によって、前方にドリル状の渦巻いた風を起こす。
風が出ている間はずっと攻撃判定が残るので、1発で多段ヒットさせることも可能。
連射性能が落ちるが、攻撃範囲が若干広がり威力が格段と上がる。
装甲の厚い敵に対してもダメージが通常通り与えられるのも魅力。
対単体の硬質な敵との接近戦に有効である。

強化弾(パワータイプ):ドリルトルネード
パワーボールを3つ連続で取るとこの武器に変わる。
突き攻撃によって、前方に遠距離にまで伸びるドリル状の渦巻いた風を起こす。
攻撃範囲が格段に広がった事によって、むやみに敵の懐に入らなくても遠距離から攻撃を仕掛けることが可能になった。
連射性能は更に落ちるが、風が長く出続けるため攻撃判定も長い時間残る。
装甲の厚い敵に対しても通常通りのダメージを与えられるので、
複数居る硬質な性質を持つ雑魚敵の一掃に一役かってくれるだろう。

特殊弾(バランスタイプ):つむじ風
バランスボールと呼ばれる緑玉を取ると通常弾がこの武器になる。
翼を羽ばたかせて、壁と敵を貫通する切れ味ある風を巻き起こし発射する。
威力は通常弾よりも下がる上に装甲の厚い敵に対しても効力があまりない。
また、連射性能も良くなく微妙な所。
遠距離に攻撃できるようになったというだけでも褒めたい所である。

強化弾(バランスタイプ):フェザーアロー
バランスボールを3つ連続で取るとこの武器に変化する。
羽を矢に見立てて飛ばして攻撃する。
横スクロール面だと前方に向かって9方向、縦スクロール面だと前後左右8方向に放つ。
威力はつむじ風よりも下がるが、連射性能にかなり長けているため
弾幕を貼るのに打ってつけ。
壁や敵に対しての貫通能力は失っているとはいえ、それを補うほどの連射を行なって
雑魚敵の一掃に一役かいましょう。

特殊弾(テクニックタイプ):無敵突進
テクニックボールと呼ばれる青玉を取ると通常弾がこの武器になる。
くちばしを突き出して猛スピードで前方に突っ込む。
威力はかなり高く突進中は無敵になるが、技の発動が若干遅く、技の後の硬直時間もちょっと長いので隙が大きいかも。
装甲の厚い敵に対しても通常通りダメージが通る。
横スクロール面なら↑↓キーと組み合わせて前方上方向、前方下方向、
縦スクロール面なら←→キーと組み合わせて前方左方向、前方右方向に向かって斜めに攻撃を行なう事が出来る。
体の大きい敵を倒しきれず、そのまま敵と接触する所で止まって死亡なんてケースもあるので、
場面に応じて使うこと。
障害物の無い広い地帯で使うと有効である。

特殊弾(テクニックタイプ):飛燕
テクニックボールと呼ばれる青玉を取ると通常弾がこの武器になる。
くちばしを突き出して猛スピードで前方に突っ込んだ後、
初めに居た位置に戻る時も突進攻撃を行なうヒット&アウェイ攻撃。
突進のスピードが目にも止まらぬ速さになり威力も上がるが、技の出・硬直時間は以前のまま。
ただし、元居た場所に戻れるので、倒しきれずに死亡というケースが少なくなる。
1発目を出した後に方向キーを傾けると、2発目は戻らずにその方向に向かって突進攻撃を行なう事も可能である。
これもまた障害物の無い広い地帯で使うと良い。

必殺弾:百列突き
一瞬にして近くに居る敵の懐に入り、高速の連続突き攻撃を行ないまくる。
技の発動中は無敵。
技を一定時間出し続けるか敵を倒すと終了する。
ただし、技を出し終わる前に敵が先に倒せていれば、
素早くもう一度必殺ボタンを押せば必殺ゲージを減らさずに次の敵に向かって攻撃を繰り出す事が出来る。
スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
こまみーふらいと!!
2010-09-24 Fri 00:25
※いつもの脳内妄想ゲームシリーズです。
たぶんCSシリーズのスピンオフです。きっと。

■ストーリー
ボカロの精霊樹に守られた世界、『音の小径』。
そんな精霊樹に巣を作って暮らしていた2羽の鳥がいました。

春の訪れを感じさせる音の小鳥のこまみーは歌い囀ることが大好き。
秋の訪れを感じさせる風の小鳥のリュートはこまみーに一目ぼれ。

そんな2羽の前にどこからかやってきた1羽の小鳥が1匹の幼竜を抱えてやってきました。

「大変なんだ!! この竜を助けてあげて!!」
そう語るのは、遠くの地域に住まう夏の訪れを感じさせる熱の小鳥のふーさんであった。
こまみーは癒しの歌を歌い、この竜の傷を癒してあげると…

「ボクの住む世界が…、キケンなことに…。」
意識が戻り、語り出した氷の幼竜のぴーちゃんは様々な世界を駆け巡り、
仲間を集めようとしていた時に魔王が放った無数の敵に集中砲火を浴びたのだという。

困っている仲間が居たら助けない訳にはいかない!!
奮起したこまみーは嫌がるリュートを無理矢理引き連れて、この1羽と1匹の旅に同行する事となった…。


■内容
プレイするレベルさえ間違えなければ初心者も気軽に出来る横&縦スクロールシューティングゲーム。
プレイヤーは3羽と1匹の中からどれかを選択してステージを攻略していきます。
初めは『音の小径エリア』からスタートし、各エリアのボスを倒す事で次のエリア(世界)に行くことが出来ます。


■キャラ別武器と性能
各キャラにはそれぞれ通常弾と3種類の特殊弾と強化弾、そして強力な必殺弾がある。
特殊弾は併用できない。
特殊弾はそれぞれ対応した玉を入手すると習得でき、同じ玉を連続で3つ取ると武器が変化し、強化弾になる。
必殺弾は数に限りがあるが、スペシャルボールと呼ばれる黄玉を取ると1つストックを増やす事が出来る。
(最大5つまで。)

~音の小鳥・こまみー~
壁貫通技の多いこまみーの武器だが、癖のある武器も多いので早い段階で白玉を入手して
通常弾と併用できるようにしたいところ。
テクニックタイプを除いては縦横ともに攻撃範囲や射程距離がさほど変わらない。
ゲーム開始序盤の『音の小径エリア』の1ステージ目となる
『みくみく森』ではこまみーとリュートのどちらかしか使えないので、
2人プレイのときはキャラ選択の時にケンカにならないように注意。
(『みくみく森』攻略後に行ける『もけけの村』に行ってからふーさんを。
次のエリアである『南国島エリア』にある『ワハイ街』に行ってからぴーちゃんが使えるようになる。)


通常弾:ウェーブおんぷ♪
前方にウェーブ状に攻撃判定のあるカラフルな音符を発射する。
敵は貫通しないが、壁を貫通する。
威力はそこそこで連射性能に優れている
特殊弾入手後にノーマルボールと呼ばれる白玉を取れば特殊弾と併用して使うことも出来る。

特殊弾(パワータイプ):アラウンドハウリング
ステージ中で敵が落とすパワーボールと呼ばれる赤玉を取ると通常弾がこの武器になる。
自機の周囲に響く音を発して攻撃。
威力が普通ぐらいで判定が長く残るので連続ヒットさせやすいが、攻撃範囲が狭く連射が効かない。
ザコ敵が近くに密集したときに有効な武器。

強化弾(パワータイプ):ステイハウリング
パワーボールを3つ連続で取るとこの武器に変わる。
アラウンドハウリングの自機の周囲に響く音を発して攻撃する性能に加えて、
攻撃判定をかなり長く残す事が出来る。
画面内に3発まで使うことが出来る。
ヒット数稼ぎのお供にどうぞ。

特殊弾(バランスタイプ):エコーリング
バランスボールと呼ばれる緑玉を取ると通常弾がこの武器になる。
どんどん大きくなる輪っかのような弾を発射する。
壁に当たると反射し戻ってくる。
敵に当たるか画面外に出るか一定の大きさになると消える。
壁のあるステージで有効だが、壁が多すぎると返って使いづらい。

強化弾(バランスタイプ):リップルエコー
バランスボールを3つ連続で取るとこの武器に変化する。
どんどん大きくなる輪っかのような弾を3WAYで発射する。
壁に当たると反射し戻ってくる効果は無くなる代わりに、壁を貫通するようになり連射が効くようになる。
前方に居る雑魚敵の一掃に打ってつけ。

特殊弾(テクニックタイプ):しょぼカタマリン
テクニックボールと呼ばれる青玉を取ると通常弾がこの武器になる。
横スクロールステージでは、『\(´・ω・`)/』の形をしたブロックの集合体を弧を描くように投げつけて攻撃する。
縦スクロールステージでは『\(´・ω・`)/ 』を前方に壁を作るようにして設置する。
威力は意外と高く、敵の弾をかき消したりこの攻撃を当てた敵の動きを一定時間スローにする2つの特殊効果もある。
また、敵に当てても弾が消えないので、敵によっては連続ヒットさせることも可能。
横スクステージでは下方攻撃に定評があるが、縦スクステージでは敵の弾をかき消す盾の代わりとしても使えそうだ。

特殊弾(テクニックタイプ):しゃきカタマリン
テクニックボールと呼ばれる青玉を取ると通常弾がこの武器になる。
横スクロールステージでは、『\(`・ω・´)/』の形をしたブロックの集合体を弧を描くように投げつけて攻撃する。
縦スクロールステージでは『\(`・ω・´)/ 』を前方に壁を作るようにして設置する。
威力は更に高く敵の弾をかき消す特殊効果があるが、スロー効果が消える。
こちらも敵に当てても弾が消えないので、敵によっては連続ヒットさせることも可能。
横スクステージでは今回は下に落ちず、上に昇っていくような軌道なので上方攻撃に定評があり、縦スクステージでは敵の弾をかき消す盾の代わりとしても使える。
ただし、しょぼと比べて確かに威力は上がるがスロー効果が無くなるので、
そのまましょぼを使い続けるという人も居るらしい。

必殺弾:さくらストーム
前方にゆっくり進む巨大な桜吹雪きならぬ桜竜巻を発生させて攻撃する。
全てのものを貫通し、巨大な敵ほど連続ヒットも期待できる。
敵弾をかき消す効果もあるので、難易度の高い「きつきつレベル」や道中でも弾幕を張って来るようになる「あぶあぶレベル」でもかなり有効に使える代物。


(たぶんつづく)
別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
1stの作品を振り返ってみますね
2010-09-13 Mon 00:15
■年間正式公開譜面アクセス数順位

・第9位 『1st-06 D-period -Icebound-/kozato snow』 135アクセス

自分も公開している事を忘れる事がある空気譜面。
鬼譜面を弱体化させたのが激譜面ですが、
弱体化の際に鬼譜面のリングを抜いただけで偶然にも結晶を思わせるような六角形配置になったことに少しびびったのであった。

基本的に全譜面とも同じパートの演奏となります。


・第8位 『1st-07 Memoria/nmk feat.かなえゆめ』 178アクセス

Dピリオドよりも公開が1ヶ月後なのに勝ってしまっている現実。
しかし、これが祭り出展作品と考えると2倍ぐらいのアクセス数は欲しいところ。

譜面は習~激までは★1ずつ増えていく程度にしか難易度は上がらない初心者フレンドリーな1曲なのだが、
鬼だけいきなり★9という上がりっぷりである。
初心者フレンドリーとは言うが実は現時点で習譜面最高レベルの★3はこれとブルーアイディアのみだったりする。
テンキーモードだと習譜面のラストはかなり小刻みに動かされます。


・第7位 『1st-05 Milly Barll/㍊ゼ』 187アクセス

クラッシャーな方と差がついてしまった原曲ミリバ。
激や踊の割には一つ上の譜面レベル並みの難易度で、特に激のスタークルーズ地帯はかなりの脅威です。
自分もクルージングしきれずに死亡してます。
★10→★11に格上げしても良さそうな感じではあるが、
他の激譜面に★10の存在が無いため現状維持。

個人的には習譜面の中では全作品通してこれが一番好きだったりする。


・第6位 『1st-08 macaron/Est』 188アクセス

今年7月公開と割と最近なはずなのに、原曲ミリバやMemoriaに勝っているという凄さ。
きっとEstさんの宣伝効果によるものでしょう!!Estさんありがとうございましたっ!!

鬼譜面は元のBMSのスクラッチ地帯を意識しての3点固定配置。
実は同地帯では激譜面の方が鬼譜面より難しいと感じるかもしれません。
一番習譜面が習譜面してる譜面だったりします。

譜面のことはここまでにして、マカロン可愛いよマカロン!!
BMSのmacaronをプレイするときは「ファイトファイト」地帯ではわざとノートを見送ってmiss画像を見ましょう。





1st公開作品の内9位~6位までですが、全作品とも今年のものだよ!!
ということは、去年の方が譜面が面白かったということになるのか…orz
因みに、5位からはアクセス数が200台に乗りますー。
というわけで、次回に続く。

(つづく)
別窓 | サイト内関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
とりあえず、やっつけバナー完成
2010-09-05 Sun 01:03
『2nd style ~iku-takeのページ りめんばーめもりーず!!~』用バナー

2ndでやりたいこと、テーマなどを考えてたら次回のサブタイトルは『りめんばーめもりーず!!』に決定しましたー。
で、出来たのがシリーズ別のバナーのみという更新スピードの遅さがまさにiku-takeである。


1stでは他のサリングサイトと大きな区別を付けるためにとにかく新しさを追い求めてましたが、
2ndではちょっとだけ過去も振り返ってみようかなーと思います。
温故知新っていうしねー。

まずは1stを振り返ってみますかー。


個人的に一番印象的だったのは選曲がものすごくトランス系だらけという点。
数多くある曲ジャンルでジャンル名も記載しているIT2なのにトランスしかないっていうのは萎えますよねー。
トランス曲が嫌いな人申し訳有りませんでした。
ちなみに、2ndではレイヴやユーロビート系を多く取り入れていく予定です。
ユーロビート曲を聴くと何か懐かしさを感じる今日この頃だったりします。
よくよく考えると、旧iku-takeのページ時代の頃の自分はユーロビート曲が好きでしたからねー。

最終的な1stのボス曲は表向きブルーアイディア、裏向きミリバ鬼といった感じになっちゃいましたねー。
次回のボス曲はどうなるでしょうか。
2~3曲出せると良いなー。

1stのころは譜面バランスに気を使った各5譜面の構成を目指したかいがあり、
ほぼ綺麗なピラミッド型になってます。
1stを立ち上げた当初は主にサリング初めましてな方~サリング中級者な層から集客することを前提としてましたので、ピラミッド型は理想系でした。
習譜面と楽譜面の存在がピラミッドの下の部分を構築していくのに一番活躍してます。
(習譜面は★1~3、楽譜面は★2~5ぐらいしかないから、作品が増えるにつれて下が増えていくのは必然と言えば必然である。)
5譜面で残念だったのは、激譜面と鬼譜面の住み分けがまだ上手くいかないところです。
『激しさの激』『変化球の鬼』を目指し、難易度もたまには鬼<激みたいな譜面も作りたかったのですが、
今回では全譜面とも鬼が強く、激はその劣化版な譜面だけしかできませんでした。
本家DDRみたいに各譜面に個性が出るような住み分けができるようになれればいいなー。

BPM変化があったのはブルーアイディアとマカロンの2曲のみ。
特にそれらしい変化をしてるのは実質ブルーアイディアのみだったりするので、次回はマカロンみたいなソフランでもいいから、速度変化による遊び心を加えた譜面がもっと増えればなと思いますー。

BPMと言えば、殆どの曲がBPM140~150台なのも気になります。
『BPMが違うとリングスピードも違う』をプレイヤー体感させるにはBPMの幅が狭すぎですね。反省します。
2ndではBPMが100未満の低速曲、200以上の高速曲を出せると良いです。

1st最大の悔いと言えば、何といっても4th感謝祭の不参加。
不参加以前に譜面が締め切りに間に合わなかったことが最大の原因であり汚点です。これは正直泣きたい。
その結果、1stのエンディング曲(譜面)が完成しないまま、2ndに移行することになりました。
譜面がまだ出来そうにもないのと、これ以上この譜面にサイト更新の足を引っ張るわけにも行かないですしね。


1stの総評としては締めが悪すぎな為、100点満点中3点といったところです。
むしろ、3点も自分に与えすぎな気がしますが、
マイナス評価にしたがる自分とマイナス評価を受けてのダーク化したがる自分が共存しているので、
せめて1桁だけでもプラス評価ということにしておいてくださいませ。
自分でも1点の重みを軽く考えすぎていると思っていますが、ダーク化にはなりたくないのでね。



久々に長々と書いたけど、EstさんのBMSの新作の『KIRAMEKI OVERDRIVE (LuL Prog Remix)』のBGAに映る輪が自分の脳内じゃもはやサリングにしか見えないため、
勝手に「これはどう見てもサリングだー!!」とか思って、一人ではしゃいでましたとさ。

サリングにしか見えない輪はともかく、やっぱりEstさんが描く絵が好きだなー。
歌詞を書いた文字の書体がまさにEstさんのイメージに合う感じです。
でもBGAを作ったのはFALLさんだったりする罠。
となると、FALLさんの曲でサリング譜面を作らないとなーとか思っていましたが、
過去に『あにまらいおっと』をランキング期間中のみ出してましたねー。
2ndで何とか出せるように頑張ろう。

サリングにしか見えない序盤のBGAに活気付き、Estさんの絵に癒されたことによって、
サリング譜面制作のために重い腰が動かせそうな気がしましたー。
別窓 | サイト内関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
久しぶりに7時半台に帰れたと思ったら祭りが終わってたでござるの巻
2010-09-02 Thu 21:37
今日久しぶりにPCつけたと思ったら感謝祭が終わっていた事に気付かされた今日この頃。
浦島太郎気分を味わいすぎて泣きたい。
別窓 | サイト外関係 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| CIRRING IT2-MiX(blog style) ~iku-takeの日記 にゅーすたいる~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。